自宅のトイレで出来る腸内洗浄



ドクターコーヒーの成分

ドクターコーヒーに含まれている天然ファイバーは、便を柔らかくしてくれます。食物繊維は便を柔らかくして量を増やし、腸内での通過時間を短縮させる作用があるといわれています。

 

 

また、小腸での栄養吸収を和らげ、血糖値の急上昇を抑え、コレステロールの減少にも作用します。腸内細菌の数は100兆個にもなりますが、その中でも乳酸菌は大事な腸内細菌を守る善玉菌の代表でもあります。

 

 

ドクターコーヒー1回分で、ヨーグルト2.5リットル分の乳酸菌を摂取することができるのです。その乳酸菌と一緒に摂取することで相乗的にパワーを発揮するのがオリゴ糖です。

 

 

ドクターコーヒーには、ダイエット食品などに多く使用される天然のオリゴ糖であるイヌリン、腸内有用菌に協力しタンパク質の消化と吸収を助けるガラクトオリゴ糖、整腸に働きかける乳糖由来のミルクオリゴ糖であるラクチュロースが含まれています。

 

 

ドクターコーヒーには、アミノ酸の一種であるオルチニンも含まれています。オルチニンは、しじみの中に比較的多く含まれているもので、成長ホルモンの分泌に重要な働きをします。

 

 

成長ホルモンは脂肪の分解にも関係しているため、成長ホルモンの分泌量が低下し、肥満が気になる人へのダイエット食品の成分としてアミノ酸はよく利用されます。また、肝臓で蓄積されると有害なアンモニアを尿素に変えるなど、肝機能も助けます。